僕は空白恐怖症。

ちょっと前にサンジャポを観たとき、流れていた。

「昨今の若者は空白恐怖症に陥っている方が増えている。」

えっ。

そうなんだ。

なんでなんで?

SNSの普及により、プライベートをいかに充実させているか、SNS上に挙げなければならないからだ。

えっ。

そうなんだ。

たしかに若い子たちは遊ぶことがすごく大事みたいだもんね。

いや、そんなの若い子だけじゃないと思うけど。

そんな僕も大学生の時から空白恐怖症。

大学の時はひどかった。

スケジュール表を埋めることに必死すぎて、今考えたら心から楽しいと思えない友達(?)とばかり遊んでいた。

中学校の友達、高校の友達、大学の友達、部活の友達、出会い系サイトで知り合った方々。

はっ。

最後のはいらなかった。

今だったら、もうほとんど連絡を取っていない人ばかり。

なんかめんどくさいんだもん。

自分たちの会社の愚痴とかもう聞きたくない。

だから付き合いやめたんだ。

でも当時はその子らと遊んでばかりで、僕は忙しぶっていた。

今は遊びではスケジュールは全く埋まらないけど、本業とバイトだけでスケジュール表を埋めている。

なぜか。

サンジャポでも言っていたけど、一人で寂しさを埋めることができないからみたい。

それすごくわかる。

一日休みがあったら、仕事やバイトをしていないだけで、社会に必要とされていないと考えてしまう僕。

なんかおかしいよね。

客観的にそんなわけないってわかっているのに。

ただ言えることは、僕は空白恐怖症の大ベテランだということ。

このまま、ダンディーなおじさんを目指しつつ、空白恐怖症のスーパーベテランを目指そーと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました