僕はあなたの股間にしか目がいかない。

「らっしゃいませ。」

僕は本業が休みの日に一日中バイトをしていた。

あと一時間で閉店作業ができる。

もうちょっとで帰れる。

そう思った時だった。

夜も遅かったので、酔っ払いの男女がお客様でいらっしゃった。

女性はチャラチャラした20〜30代のお酒好きそうな女性。

男性は40〜50代くらいのスケベそうなおじさまだった。

残念なことに僕はそのおじさまがタイプだった。

タイプのおじさまだったから、ふとスーツ姿の股間を見てしまった。

勃っていた。

僕は何度もガン見してしまった。

おじさまに気づかれたかもしれない。

でも、おじさまはその女性とこれからそういうことやるんでしょ?

もう冷静な判断力もないんでしょ?

外の方々に気にすることなく、おっ勃っているっていうことはそういうことなんでしょ?

我慢汁とかも出ているんでしょ?

スケベだもんね。

おじさん。

やばい。

バイト中にも関わらず、僕も大きくなりそうになってしまった。

だが、おじさまの股間のテントは僕の脳裏に深く焼き付けた。

あの女性も頭の中はそういうことでいっぱいなんだろうな。

口に咥えたり、穴に入れたり、アンアン泣くんだろうな。

うっ。

やばい。

うらやましいだろうな。

女性はどうでもいいけど、おじさまの股間はホント気になる!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました