さようなら。山本さん。悲しくなんてないよ。強がりでもないよ。

「今までホントありがとう。いろいろよくしてくれてありがとう。」

「そっか。んじゃ。」

これが僕と山本さんがかわした最後の会話。

山本さんは配送の変更などがあり、僕の会社に配送に来ることはなくなった。

僕の精神状態はというと、スッキリしている。

「どうせ、強がりだろ?リョウタは山本さんのこと好きだったんだろ?」

好きだったと思う。

でも、好きって感情が邪魔だったんだ。

仕事中に好きって感情があるだけで、山本さんと二人っきりになりたい欲にかられる。

そうなると、山本さんがうちの会社に配送に来るたびに、他の誰かがいた場合、すごくイライラする。

男であろうと女であろうと、山本さんと僕は二人っきりで話をしたいから、いつもムカついていた。

そんな自分が嫌だったんだ。

仕事に対してプロ意識が欠けている。

感情的になっている。

これがなくなると思うと、ホッとする。

余計な感情がなくなる。

仕事に集中ができる。

隙がなくなる。

良いこと尽くしだ。

ただ、僕の身近で好きな人がいなくなるだけの話。

そんなの大した問題じゃないもんね。

11月の井戸沢さんとの10周年が終わった段階で、一生一人で生きる覚悟を決めたのだから。

そこに山本さんとの別れが来るなんて思っていなかったけど。

運命ってそんなもんなんだろう。

僕はよりストイックになる。

自分を追い込む。

追い込んだ先に見える世界に行きたいんだ。

今、やりたいことは、真・女神転生Ⅴをクリアすること。

The Energy Worldを書きたいこと。

あっ。

パッと頭に浮かんだのはそれだけ。

やべ。

僕ってホントオタク。

コメント

タイトルとURLをコピーしました