だから最近の若い子は…。って言いたくないのに言っちゃう。もう自分でおじさんだと認めてる。

ホント不思議だ。

最近、僕のバイト先に若い男の子が入った。

なかなかバイトの子が求人に来ないので心配していた。

その矢先だった。

僕は本業でも長い時間拘束時間あるのに、バイト先でも朝から晩まで拘束時間が長い。

ガッツリ稼ぎたいんです!!

じゃなくて、長い時間入れる方が少ないんです!!

ってことみたい。

僕は他のバイトの子に多く働いて欲しいのに、学生の子達っていろいろ忙しいみたい。

だから僕は長時間働くことになる。

そんな中、新しく入ってきた男の子はフリーターだった。

居酒屋のバイトをしていたそうだが、コロナ禍で働く時間が減ったのでこちらに来たとのことだ。

朝から晩まで働きたいとのことだ。

よっしゃ!!

僕は働く時間を減らせるぞ。

僕が教育者になったので、一生懸命お仕事を教えた。

「ここはこうやってこうする。」

「違う違う。ここはこう。」

「僕ってスパルタ?しんどかったら言ってな。」

ああ僕って優しい。

性的タイプじゃない人にも優しくできてしまう損な僕。

僕が彼に言っていたのは、

「仕事はやらされ感でやるもんじゃない。楽しいと思ってやる。やりたいからやる!!って思うようにしよう。やりたくないことやっても自分のためにならないし。やりたくないこともやるんだって思って、自分に厳しくストイックにやろう。そしたら将来の自分に繋がるよ。」

ああいいこと言った。

なんか仕事の要領もいいし、二週間後から僕の時間が増えるぞ。

っと思っていたのに。

先日、

「えっ。入ったばっかりの彼が来てないんですか?電話にも出ないんですか?なぜですか!!」

僕は驚いた。

せっかく決まったバイトだったのに。

バイトの面接たくさん落ちたって言ってたのに。

それなのになんで飛ぶの?

お金もないって言ってたのに。

なんで目先のお金に困っている子の方が働けないんだろう?

わからない。

いや、僕なのかな?

僕のせいなのかな。

たぶん、切羽詰まっている子たちにとって、将来とかこの先とか到底考えられないことなんだろう。

だから、上記で僕が言っていたようなことって、それなりに社会経験を積んでいる人たちにしか通じない。

伝わらない。

今しか見えていない人たちにとって、ストレス以外の何ものでもないんだ。

やば。

気づけなかったな。

若い子たちの視線で物事を考えるべきだった。

僕はおじさんだった。

ただそれだけのこと。

そして僕はまたバイト先から抜け出さなくなった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました