第二十三エナジー「加賀美麻里の17年間」

加賀美麻里。

17歳の高校二年生。

エナジー部隊高等部に所属しながら、都内の公立高校に通っている。

神奈川県の川崎市に加賀美は住んでいる。

生まれも育ちも川崎市。

5人兄弟。

加賀美は一番上の長女。

両親は母親のみ。

父親は浮気をして出て行った。

子どもが5人もいるにも関わらず、他の女を作って出ていった父親を当然加賀美は許さない。

殺してもいいと思っているほど、憎んでいる。

だから思った。

私は絶対に恋愛しない。

いや、男を信用しない。

母さんのようになりたくない。

男なんか恋愛してたまるか。

母親一人で5人の子どもたちを養っていくのは、経済的に困難だ。

運が良かったという点は、長女の加賀美だけがエナジープラン(エナジーの使い手)だということ。

エナジー部隊の初等部に入った頃から、仕事を引き受け、報酬を得ていた。

その報酬で家族の生活費にあてたり、自身の通う学校の給食費、学費などを払っていた。

エナジー部隊の初等部の学費は、全て税金でまかなわれている。

防衛省管轄のためである。

加賀美が医術エナジーに目覚めたのは、小学三年生の頃。

加賀美が公園で弟や妹たちの面倒を見ていたとき。

弟の一人が、ボールを取りに公園から飛び出した。

ちょうど車が来ていて、小さい加賀美の弟にまるで気がつかなかった。

ドン。

加賀美の弟はブレーキもかかっていない車にはねられた。

とっさに加賀美はエナジーパワーを使い、吹っ飛んだ弟が地面に落下する前に抱きかかえた。

抱きかかえた弟に無意識にエナジーを送っていた。

そのエナジーこそが「イラージ」(自己治癒力強化)だった。

高等部の医術エナジーの授業を受けているわけでもなく、突然目覚めたのだ。

弟を救いたい。

その一心で生まれた能力である。

小学校、中学校はエナジーの力を隠したまま、何事もなく卒業。

加賀美の心を悩ませる原因は長谷だ。

長谷は加賀美より一つ上の高校三年生。

加賀美と違い、特殊なエナジー能力が使えることで、初等部の頃から優秀なエナジープランとして扱いを受けてきた。

そんな長谷に対して、尊敬する気持ちと嫉妬する気持ちが同時に存在した。

中学生まではそれだけだった。

なのに、高校生になってから、別の感情が生まれていたことに気づいた。

長谷のする行動の一つ、一つが気になって仕方がない。

長谷が今、どこで何をしているのか、エナジー部隊にいるとき以外でも気になってしまう。

こんな恥ずかしい悩み、同じ高等部の仲間には言えない。

だって、私は宣言しているだもの。

「男なんていらない。」

って。

大事なものは生活するためのお金だけ。

男は女を苦しめる存在。

私の母のように。

私の家族のように。

だからいらない。

でも苦しいの。

心が。

なぜなの?

私は認めたくない。

長谷に対する気持ちがこ…。

ダメダメ。

絶対に言えない。

ってさっきから私は何、自分語りしてるの?

さっさと戦いに戻りましょ。

「二回戦。地球人『加賀美麻里』対プレシオサウルス(首長竜)の『メルポポ』はじめ!!」

プレシオサウルス。

ネッシーと騒がれた恐竜がこのプレシオサウルスだ。

正確には恐竜ではない。

ヘビやトカゲなどの爬虫類の分類になる。

白亜紀に生息していたとされる。

体長は4m~12m。

海の恐竜とも呼ばれていた。

「えっ。首長竜?なんで陸なんか上がってるのよ。さっさと海に戻りなさい。」

「うるさい女だ。ウガンドロン(シールド高速移動術)できるなら、陸も空も海中も関係なく移動できるだろうが。」

「どうでもいいわ。それより、アンタなんかに私の制服を傷つけさせない。この制服いくらだったかアンタわかる?」

「知らん。『ジャル・ミサイル』(水属性のミサイル)!!」

プレシオサウルスのメルポポは、口の周りの水の塊を発生させた。

ポニョポニョ。

その水の塊は徐々にミサイルのように尖った形に変貌していった。

バキューン!!

その発射されたミサイルは、加賀美の予想を遥かに超えていた。

加賀美が気づいたときには、お腹に大きな穴が空いていた。

「グハァ。」

吐血する加賀美。

あまりの激痛に混乱する加賀美。

止血しなきゃ。

いや、そもそも臓器をどれだけやられた?

体の重要器官どこまで破壊された。

修復できる?

無理に決まっている。

失われたものは血液以外作る術はない。

ってことは。

死。

死を覚悟する時間さえメルポポは与えなかった。

ガブ。

加賀美の頭から食いついた。

ムシャムシャ。

「おえ。マズ。地球の人間って体になんか薬品でも塗ってんのか?マズっ。」

加賀美の頭は食われ、体は四肢と腹に穴が空いた胴体だけが残った。

ズシャ。

息絶えた加賀美の肉体は倒れ込んだ。

メルポポは加賀美の頭を食ってしまったので、仕方なく加賀美の肉体の右腕を噛みちぎった。

ブチッ。

そのまま空高く加賀美の右腕を掲げた。

「おおおおおおおおおおお~!!!!!!!」

闘技場の観客席で歓声が上がった。

「二回戦、地球人『加賀美麻里』対プレシオサウルスの『メルポポ』。メルポポの勝利!!」

「弱っちい女。接近戦さえしなければ、簡単に勝てる相手だ。」

メルポポは勝利の余韻に浸っていた。

「『10セケネット・ラケットエナジー』。(10秒間強制無効エナジー)」

光のサークルがメルポポを覆った。

「これは!?エナジーが出ない!!一回戦の地球人の!!」

突如、現れた長谷は、メルポポの首を無理矢理引きちぎった。

ブチッ。

ブシュー。

巨大なメルポポの体。

体にある血液の量も相当なもの。

闘技場の舞台中はメルポポの血で染められ、赤い舞台に染まった。

「よくも加賀美をやりやがったな。もう恐竜祭なんかどうでもいい。おまえたち恐竜を一匹残らず、殺してやる。」

長谷の怒りのエナジーがたぎっていた。

つづく。


コメント

タイトルとURLをコピーしました