僕ってホントバカ。どうしようもないほどバカ。

僕はあと一ヶ月くらいしたら北海道に旅立つ。

北海道を目的ごとに巡り、最終的には知床に行く。

知床に一番近い空港が女満別空港。

女満別空港から知床方面のバスが出ていることがわかった。

その高速バスに乗って、知床に行くことにした。

知床に行くことは夏に決めていた。

僕は決めたと同時に飛行機と宿を押さえてしまう。

交通手段は、後からなんとでもなると思っていたからだ。

女満別空港から、目的の知床の宿まで約100km。

石垣島をレンタカーで駆け巡った僕は、レンタカーで行ってやると当初は思っていた。

調べてみると、冬の北海道を不慣れたものが運転すると、死ぬかもしれないことがわかった。

野生動物も出るし、ブラックアイスバーンと言われる凍りついた道路がどうしようもなく危険なようだ。

僕は死を悟った。

母親にこのことを話すと、

「あんた。バカじゃない?」

だから、安全圏を確保するために高速バスが無難なのだ。

先日、高速バスの時刻を調べてみた。

僕が女満別空港に着く時間は夕方だ。

女満別空港から出ている知床方面の高速バスは、昼過ぎに終わっていた。

高速バスがダメだったら電車だ。

女満別空港の近くに駅がある。

そこまで、タクシーで行く。

電車は確かに夕方でも出ている。

知床斜里まで。

知床斜里という駅から僕が泊まるホテルまで30〜40km。

ここからも遅い時間になるので、高速バスは出ていない。

知床斜里からウトロ温泉まで、タクシーで行くしかない。

タクシー代を計算すると、10000〜20000円。

僕は今までタクシーにそこまで高額な支払いをしたことがない。

命には変えられないけど。

あんまり僕がバカなので、この話を人にした。

「だったら、飛行機の時間をズラすとか、高速バスが出ている時間に合わせるとかすればいいんじゃない?」

それが正解だ。

だけど、僕はキャンセルっという言葉が嫌いなのだ。

一度決めたことは、道を作って切り抜けたいという願望がある。

母親に言うと、

「あんた、ホントに馬鹿じゃない?」

って二回言われそうだ。

考えなしに決めた僕が悪いこと。

それに宿や飛行機を極力キャンセルしたくないんだ。

コロナで行けない旅行がたくさんあって、キャンセルしまくったから。

だから、今回のタクシー代は僕の勉強代なんだ。

それだけの高額なタクシーを乗って、僕は学ばないわけがない。

色々きこーと。

タクシーの運転手に。

そのタクシーの運転手が男前だったら。

僕の頭の中は相当おめでたいかもしれない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました