僕は仕事でもおじさんに甘い。

先日、2年前に別の部署に移動した川上さんがまた僕と同じところで働くことになった。

理由は女性関係。

すぐに同僚の女性に手を出す。

同僚の女性の他に取引先の女性にまで手を出す。

しかも熟女好きで、40代以上がターゲットだ。

そこが他の男と少し違うところだ。

川上さん。

僕の職場で中途採用された50歳手前のおじさん。

身長は160cmくらい。

体重は80キロくらい。(なんとなく)

お腹はパンパンに膨れている。

髪の毛もだらしなくいつも寝ぐせ。(あっ。僕も人のこと言えなかった。)

2年前も川上さんの教育係だった僕。

上司から川上さんをまた一から指導してとのこと。

僕はビシバシ厳しく行こうと決めた。

調教するくらいの気持ちでいこう。

女性関係でトラブルを起こすなんて、なんて下半身なんだ。

川上さん。

別に僕だったら川上さんに抱かれてもいいんだけど。

いやいや同僚に手を出してはいけない。(取引先の山本ならいいの?)

理性を保たなければ。

ホント女性関係以外も川上さんは仕事が雑。

整理整頓できないし、連絡相談報告できないし、今までどんな人生送ってきたんだろう?とホント考えさせられる。

発達障害って可能性もあるけど、今回はそれに触れない。

子ども二人もいて、奥様もいて、近くにいる女性にすぐに手を出す。

そんな川上さんの下半身を想像するだけで…。

あれ?

僕、欲情している?

ちょっとやだ。

今日も仕事で川上さんが失敗した。

今日こそ、僕の雷が落ちる。

川上さんにパワハラ級に怒鳴りつけるぞ!!

川上さんのそばに僕は行った。

あっ。

ほのかに香るにおい。

おそらくこの香水はサムライ。

サムライのニオイと川上さんの汗のニオイがマッチする香り。

うっ。

あっ。

すごく性的な香り。

「鈴木さん。なんか用っすか?」

「いえ、別に。もうすぐ定時なんで先に帰ってください。」

ああ。

僕としたことが。

川上さんに強く言えない。

性的な対象として見てしまっている。

女好きっていうのわかっているのに。

もしかしたらってなんか思っちゃう。

川上さんの寂しそうな表情を見ていたら、キュンとくる。

僕には山本さんがいるのに、(片想い)こんな気持ちまずい。

あ〜。

どうすればいいんだ〜!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました