僕の正体がバレた。

「らっしゃいませ〜。」

僕はバイトをしていた。

家から離れている地域でバイトしているから、顔見知りに会うことはないはず。

バレてもいいんだけど、なんかバイトしているのが恥ずかしい気持ちにもなる。

とりあえず、同じマンションに住んでいる人たちにはバレたくないな。

「鈴木さん。分譲なのにバイトだったの?」

「借金でもたくさんあるのかしら?」

「ローンが大変なのかしら。かわいそう。」

憶測だけど、こんな感じかな?

まあいいんだけど、サラッとした付き合いしかしてない人たちばっかりだし。

一番バレたくないのは、今、一番気になっているマンションの住民。

短髪になったことで、キュンときてしまった30〜40代くらいのポッチャリサラリーマン。

彼にさえバレなければ…。

「らっしゃいませ。えっ。」

「これとこれください…。えっ。同じマンションの…。えーと。」

「鈴木です。ちょっとびっくりです。前回の管理組合の総会以来ですね。」

「このお仕事、本業ですか?前回、伺ったときは…。」

「ちょっと知り合いの紹介で、休みの日はここで働いているんです。また、マンションで。」

地獄だ。

よりによって、この人にバレてしまうなんて。

ってことはこの人の仕事がこの辺?

えっ。

じゃあ今度からこの人と会える?

ウソ。

やっぱ天国?

それより既婚かどうかまだわかってない。

物腰が柔らかだから、少し疑惑を抱いているんだけど。

そして、仲良くなって、

「じゃあ今日、鈴木くん。俺んち来ますか?」

「行きます。何持っていったらいいですか?」

「何もいいよ。」

そしてその人の部屋に向かう。

「あれ?真っ暗。誰もいない。」

後ろから抱きつかれ。

「あん。」

あくまで妄想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました