有給では素晴らしい1日を過ごす。

「鈴木。おまえ有給残ってる。今月中に消化しろ。」

「えっ。せめて緊急宣言終わってからがいいんですけど。」

「いや、今月中。わかったな。」

「へい。わかりやした。」

とある僕と上司のやりとり。

有給取るんだったら、せめて緊急宣言終わってからがいいに決まってるよね。

さて、どうしたものか。

急に休みか。

部屋の掃除か。

◯◯◯ーを一日中するか。

出掛けようかな。

でも世間的にはアレだし。

ブログ書こうかな?

この程度のブログに休みを使うのって他のブロガーから怒られない?

「なめとんのか!!ワレェ!」

って。

じゃあもう汗をかくしかないね。

「らっしゃいませ。らっしゃいらっしゃい。」

というわけで有給をバイトで過ごすことにした。

有給でバイトするってどうなの?

休んでお金もらって、バイトしてお金もらってって、どんだけ小金が好きなのか。

まあ求められるっていうのは嫌いじゃない。

誰かに必要にされるのはいいね。

恋愛において誰からも必要とされていないので、労働に精を出す。

今日も、

「らっしゃいませ。らっしゃいらっしゃい。」

コメント

タイトルとURLをコピーしました