まさしさんに会って抱かれたいけど。あれができないからまた…。

まさしさん。

僕がTwitterで出会ったおっちゃん。

お兄さんにしとこ。

怒られる。

年上好き、おっちゃん好きにはたまらない人。

男らしくてエッチなことばかり考えてるオヤジ系。

表情がニヤニヤしていてスケベそうなんだ。

僕とはDMでやり取りしていた。

会うっていう約束はしたけど、エッチなDMはしなかった。

顔はTwitterで知っていたし、僕の顔は見せていなかったので、まさしさんから気に入られない可能性があったからだ。

実際に会った。

特に僕に対して驚かない。

普通な感じ。

ビジネスホテルでお話をする約束をしていたから、コンビニでお酒やおつまみを買ってビジネスホテルに向かった。

部屋に入るなり、

「リョウタくん。かわいい。今日は何するつもりでここに来たの?」

「えっ。僕はまさしさんとお話をしにここに来ましたよ。」

「えっ。ホントに?リョウタくん。こんなになっちゃった。」

まさしさんの肉棒が大きくテントを張っていた。

「僕に言われても困りますぅ〜。」

って言ってるのに、僕の手はまさしさんの股に伸びていた。

「リョウタくん。お話をしに来たんじゃないの?何してるの?」

「えっ。まさしさん。そんな。あん。」

僕はまさしさんの腕を掴み、僕の股にまさしさんの手をまさぐらせた。

「リョウタくん。どうゆうこと?こういうことするつもりだったの?」

「僕は悪くないです。まさしさんのせいです。あん。」

そんなよくわからない他人のせいにするプレイが始まった。

最初は盛り上がった。

体中をペロペロ舐めてくださった。

僕は感じた。

「あああん。ん〜。」

「リョウタくん。エッチだな。いや変態だな。」

「ああん。」

だけど問題はここから。

「えっ。リョウタくん。おしりできないの?」

「はい。入らないんです。」

「ええ。ちょっとほぐしてやってみよう。」

指でほぐしてもらったけど、あんまりお尻を使ったことがないのでガチガチだった。

まさしさんが非常に残念そうな顔していた。

つまらないと思われただろうな。

それからだいぶ会っていない。

DMでの連絡もすることがなくなった。

Twitterで繋がって入るけど、そっと離れたい。

そんな気持ちだった。

のに。

僕のくだらないツイートにいいねをくださった。

えっ。

嬉しい。

でも、僕お尻まだ使えないし。

抱かれたい。

でもお尻使えないし。

こういうのがジレンマってやつなのか。

誰か〜。

助けて〜。(?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました