宝くじに当たったら仕事辞めるってホントなの?

昨今、世界的に株価は上昇している。

でも、日々生活している人たちがその恩恵を受ける可能性は低い。

一部の富裕層、投資家たちだけだ。

年金額もどんどん減少、支給される歳も引き上げされる。

仕事をし続けなければ、生活することはできない。

それでも。

「大きなお金があれば、すぐにでも仕事辞めるのに。そんな好きで働いている人なんかいるわけないじゃん。」

僕が一緒に働いている50歳の同僚が言っていたセリフ。

僕はちょっと心に引っかかってしまった。

ホントにそうなんだろうか?

それって、宝くじで一億円当たったら仕事やめますと一緒の意味なんだろう。

そういう人たちって、ホントに仕事がなくなった後のことを考えているのだろうか。

仕事がなくて、お金に困っていない世代。

団塊世代の企業年金で生計立てている人たちかな?

または当時の郵便局の金利で生活している人もいるよね。

郵便局に定額貯金を大きなお金をしていれば、金利が何10%になった時期が昔あったみたい。

それで毎月、何十万かもらっている人がいる。

今じゃあり得ないけど。

僕はその人たちが全然楽しそうに見えないんだ。

時間を持て余している感じがして。

テレビが友達って言っていたし、なんか悲しい。

お金があったらいいに決まってるんだけど、それでも満たされないこの感じはなんなんだろう。

僕が決めているのは、お金があるなし関係なく、動き続けること。

常に社会の役に立つこと。

働けば、それだけ税金を納めることができる。

それが社会貢献につながる。

世の中が循環している。

その中に僕がいるって考えるだけでなんか気持ちいいんだ。

恋人も友達もいない僕でも、社会には認められていることになる。

少数の親しい人よりも、大きな社会の歯車の方を僕は取るみたい。

だから、恋人も友達もできないんだね。

社会のみんな僕みたいになっても、社会は回らない。

僕みたいな人ばっかりだったら、消費が動かなさそう。

お金が欲しいって望んでいる人たちは、何か買いたいものがあるんだろう。

宝くじが当たったら、仕事辞めるっていうわかりやすい考え方だ。

僕の方がめんどくさい人間だということみたい。


コメント

タイトルとURLをコピーしました