やった貯金が16万5千円になったぞ。本気貯金と遊び貯金のお話。

気づかない間にコツコツ貯まるのって楽しい。

僕は本気貯金は好きじゃないけど、遊び貯金は好き。

好きっていうか楽しい。

爽快感。

小さい金額が大きくなっているのがいい。

本気貯金と遊び貯金の違い。

本気貯金は、月の給料から5万円貯金とか10万円貯金するやり方。

この貯金は精神的に疲弊しやすい。

手取りの少なさの実感。

貯金金額が月単位、年単位で計算しやすく、5万円貯金では一年で60万円しか貯まらない。

10万円貯金しても120万円。

大きい金額だけど、手取りが多くない場合、ストレスも増大する。

使いたいことにお金が回せないことへのストレス。

これを感じてしまうと、もう貯金体質には向かない。

だから僕は遊び貯金が好き。

遊び貯金とは、簡単なルールを決めて貯金すること。

よくみんながやっているのだったら、500円貯金とか。

僕からしたら500円貯金もそんな遊びって感じではなく重たいイメージ。

だって、500円って大金だもの。

僕の遊び貯金は、現金は1000円からしか使えないルール。

1000円使ってしまったら、小銭は全て貯金箱の中へ。

貯金箱は、500円用、100円用、50円用、10円用、5円用、1円用と細かく分けている。

たまりすぎると、銀行に両替してもらったり、バイト先の小銭がなくなったときに使ってもらったりする。

そうすると、札束になって返ってくるのだ。

これ、すごい楽しい。

みんなに教えたい。

あっ。

言っちゃった。

上で言っていた16万5千円っていうのは、メルカリの話。

メルカリの売り上げが16万5千円になって、少しお金持ちになったかのような錯覚。

まだまだ頑張らないと。

目標100万円。

5年後くらいに。


コメント

タイトルとURLをコピーしました