嫉妬させるのが楽しいっていうの、僕は嫌だな〜。

恋愛において、やきもちを焼かないのは恋愛ではない。

といっている方がいた。

その件で僕は嫌思いをしている。

昔付き合ったおじさん「井戸沢さん」だ。

彼は相手に嫉妬させるのが何よりの快楽だった。

嫉妬させることにより、より自分を求めてもらうよう仕組んでいたからだ。

僕は単純バカだから、その手口にまんまと引っかかった。

嫉妬が一度始まると止まらない。

寝ても冷めても考えるのは、井戸沢さんと関係をもった相手のことばかり。

井戸沢さんが憎いのか、相手が憎いのかよくわからなくなってくる。

ただ、まともに睡眠すら取れなくなってくる。

腹の中からじわじわ怒りが湧いてくる。

この怒りをどう鎮めることができるのか。

目の前に井戸沢さんがいれば、有無を言わさず、レ◯プだ。

泣き叫ぶ井戸沢さんを無理矢理丸裸にする。

目の前に解消する相手がいなければ、どんどん怒りは溜まっていく。

ホント愛情は簡単に憎しみに変わる。

憎しみから殺意にも変わる。

女の子の中にも、男を嫉妬させて楽しんでいる人をみたことがある。

いつか刺されるんじゃないかな?

ストーカー殺人かな?

大袈裟ではないと思う。

相手が僕みたいな恋愛弱者だったら、その可能性は高い。

だから嫌だな。

人の心を弄ぶのは。

もし、僕が片想い中の山本さんに嫉妬されたら。

「すーちゃんはいつもおじさんにばかりいい顔しやがって。俺だけをみてほしい。」

えっ。

そんなん言われたらキュン死する。

これが嫉妬される快楽ってやつ!?

ダメだダメだ。

井戸沢さんのような人間にはなりたくない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました