あのマンション完成しなきゃいいのに。そしたらずっとあの人を。

僕は仕事に行くのが好き。

家の中にいたって出会いなどない。

一人で右手を動かしているだけだ。

心から癒されなどしない。

仕事に行くのだけが癒し。

うそ。

仕事に行くまでの通勤途中が至福。

僕には気になっている人がいる。(いつもそれ)

マンションの建設現場のおっちゃんだ。

緑色の作業着を来ていて、ガタイはよくて、スキンヘッドで一見怖そう。

だけど、目は大きくてなんかかわいい。

しかも胸ポケットにはミッフィーのボールペンをさしている。

そのギャップがいい。

強面なのに、可愛い物好きみたいな。

年齢は50歳前後かな。

もちろん話したことはない。

僕が会社に向かうとき、マンションの建設現場の方々が一斉に休憩をしている。

そのときにスキンヘッドのおっちゃんに目がいき、気になってしまった。

いつも、その休憩時間を狙って仕事に行くようになってしまった。

僕はおっちゃんをずっとみている。

だから20mくらい離れていても、おっちゃんの胸ポケットに何があるかもすぐわかる。

もうこのおっちゃんのストーカーだ。

たまに目が合うんだけど、お互いサッと目をそらす。

こういうのってお互いが意識しすぎってことじゃないのか?

チャンスはあるのか。

ああ。

気になる。

でもこの関係もいい。

仕事に行くまでの癒しの時間。

これがなくなったら僕の心は壊れてしまうかもしれない。

マンションなんか一生、建たなければいいのに。

そしたらこのおっちゃんをずっとみてられる。

おっちゃんは僕のこと、どう思ってるんだろ?

「なんか俺のことみてる若い兄ちゃん毎日、この道通るよな?」

「ビビってんじゃないんですか?あつしさん気合い入ってますもん。」

「馬鹿野郎!!ビビってるんだったらなんでこの道通るんだよ。」

「それもそっスね。えっ。もしかしてそっち系ですか?」

「かもな。たまにいやがるんだよな。男が好きなヤツが。オレみたいなイカツイおっさんが好きなんて物好きいんだよ。Twitterで顔画像上げたら、オカマの連中がやたらDM送ってきて困ったわ。」

「男にモテてもしょうがないっスね。じゃあ今晩、仕事終わりに抜きに行きましょう。いいソープ見つけたんスよ。」

「嫁も相手してくんねーし、今晩は大いに楽しむか。オレのおごりだ。」

現実はこんな感じかな。

これはこれで仕方ない。

人生ってのはうまくいくことばかりじゃない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました