恋愛において、僕が絶対にゆずれないところ。

つくづく思う。

僕がめんどくさい人間だということを。

こんなブログをしていることから、普通じゃないと思った方がいい。

心からかわいそうな人間なのだ。

ちょっと前にやめた9モン。

結果的に出会ったのは、一人だけ。

そう、「30分の出会い」と「10年ぶりのラブホテル」のブログのお話の人。

僕より20歳くらい年上で男らしい人だった。

男らしい人が好きだったらモテるタイプなんだと思う。

男だけじゃないだろうな。

女性にもモテるだろうな。

普段あまり褒められない僕は、その人にたくさん褒められた。

「かわいいね。」

「女の子みたいだね。」

女の子みたいっていうのが、褒め言葉かどうかわからないけど、その人からしたら喜んでくれると思っているんだろうな。

昔付き合ったおじさんもそんなこと言っていた。

褒めてくれるのと、優しくされることは僕も嬉しい。

もし、付き合ってもこんな感じなのかな。

いや、そんなはずないよな。

そんな妄想をしてしまったくらい。

一回目にその方と会って、一週間後にもう一度会った。

僕はその方ともっと親しい関係になろうと思ったからだ。

体の関係は嫌じゃない。

その方の仕事の話は楽しい。

僕の知っている業界とは全然違うからだ。

浮気はするタイプなのかな。

おじさんだったらするに決まっている。

そんなこと期待したらダメ。

でも、僕が絶対にゆずれないところはそこではなかった。

モラルというか価値観が根本的に違っていた。

時代のせいかな。

ジェネレーションギャップかな。

っていうものに括れない圧倒的価値観の相違。

深い関係になったとき、その部分を目をつぶることができるのか?

できるわけがない。

だったら、もう続けられないよね。

悲しいけど。

その人を僕が説得するとか、そんなの迷惑だしね。

出会いや恋愛ってホント難しい。

体の関係をたくさんモテる人がつくづく羨ましくなった。

僕ってホントめんどくさい人間だわ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました