僕の目について山本さんに聞いてみた。

「リョウタさんの顔立ちはどんな感じですか?一重ですか?二重ですか?」

この質問、悩む。

即答できない。

僕は一重だったり二重だったりする。

子どものときは一重だった。

でも20歳を過ぎた辺りから、

「鈴木さんって二重だね。」

って言われるようになった。

親は僕のこと、一重だと思っている。

だから、会うまで答えられないんだ。

じゃあいっそのこと、片想い中の山本さんに聞いてみよう。

ついでに僕のことどう思っているかわかるかもしれないし。

「ねえねえ山本さん。僕って一重、二重?」

「えっ。う〜ん。」

山本さんは僕の顔をじっと凝視した。

恥ずかしい。

でも嬉しい。

「なんかすーちゃん、まばたきすると、一重になったり二重になったりするな〜。」

男らしくはっきり言って欲しいな。

「僕の目って大きいの?小さいの?」

「普通ちゃう?」

は?

もしかして、僕のこと興味ない。

そのテキトーな返事。

僕の心は怒りの炎でいっぱいになった。

奇跡が起きて山本さんに付き合うことになるとしよう。

初日、優しく接する。

二日目、激しく○○○する。

三日目、山本さんに貞操帯をつける。

徹底的に射○管理してやる。

変な液をダラダラ出させてやる。

「すーちゃん。もうやめて!!これ以上はだめ〜。あ〜。」

っていう感じに。

やばいこんな妄想したら、僕は大変なことになった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました