夢から地獄へ。

僕は夢をみた。(いい歳して夢の話。イタイやつ)

僕が片想い中の山本さんの大事なところをつかむ夢を。

なぜか二人でお昼寝をしようという雰囲気になり、僕が彼のアソコをつかむと彼は大変喜んだという内容だった。

目が覚めてから僕は幸福感でいっぱいだった。

夢にも関わらず。

僕が思う夢というのは、夢をみたい相手と僕の思いが伝わると、その方の夢をみるというものだと思っている。

僕が山本さんが夢の中でイチャイチャしていたのは、山本さん自身もそれを望んでいるのかもしれないと思ったのだ。(単純)

僕はさっそく行動に移すことにした。

職場でなんとか山本さんと二人きりになれるよう努力し、二人っきりになれた。

「緊急宣言、延長したね。全然遊べないね。」

「みんな同じちゃう?俺らだけじゃないやろ。」

「じゃあ緊急宣言終わったら遊ぼう。」

「緊急宣言終わっても、無理。」

はあ?

無理?

無理ってなんや!!

僕と山本さんが遊ぶのは無理らしい。

夢ってやつは所詮夢らしい。

最初に僕が言っていたことは忘れてください。

現実ってこういうことみたいです。

僕には春が来ないらしい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました