僕は底なしの悪者だ。

僕は自分恐ろしい。

そう、僕は数日間泊まりで出ていた。

職場の方は知っている。

仲の良い取引先にも話している。

でも話していない人がいる。

休みも挟むと一週間ほど、職場に顔を出していなかった。

今日は一週間ぶりに山本さんに会う日。

さあ何を話そうかな?

「おはよー。なんか暑かったり寒かったり変な天気~。」

山本さんは出会っていきなり、顔も合わせず。

敬語で話す。

僕が明るく話すと笑顔で帰っていった。

なんなんだ。

全くもう~。

というふうに僕は演じているだけなのかもしれない。

本当は全て察している。

山本さんに職場に不在だった理由を話していない。

久しぶりに会ってもどうでもいい天気や気温の話。

山本さんが満足いかない会話の内容だと、

僕は把握している。

じゃあなぜ山本さんから、「何で休んでいたの?」と聞いてこないのか?

その原因は僕にある。

以前、山本さんに細かく聞かれたときに、すごく不快そうに答えたことがある。

それに少し前に「ストーカーさんですか?」と僕は山本さんを傷つけた。

そんなこともあってか、山本さんから僕に質問できる権利に制約があるのだ。

だから聞けない。

でも気になる。

なんですーちゃんは自分のことあんまり話さないんだろう?

というふうになる。

僕の自意識過剰だったら、それはそれでネタになる。

こんな調子だから、山本さんが仮に僕に好意を持っていたとしても、1000年経っても成就しない。

やっぱりぼくは底なしの悪だ。

あっ。

この話の内容は、「僕がおじさんにモテない理由5」にすれば良かった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました