僕がダークファンタジーを好きな理由。それは、どんな時代になっても楽しく生きていくためだった。

僕はダークファンタジーが好き。

ダークファンタジーの定義はよくわからない。

でも、ダークファンタジーの有名な漫画は、「進撃の巨人」や「呪術廻戦」。

「ベルセルク」も入るのかな?

テーマ的に少し暗い。

仲間や身内が死ぬ。

ダークファンタジーの定義の中に、「死」の概念は大きい。

いつ死ぬかわからない。

死んでたら終わり。

生き返ることはできない。

そんな雰囲気がある。

いわゆる現実世界そのもの。

僕はこの現実世界自身もダークファンタジーと捉えている。

今のこの世界の状況も、ダークファンタジーのような世界だと思っている人たちもいる。

僕はダークファンタジーの世界であったとしても、楽しく一生懸命生きたいと普段から思っている。

僕は生まれてから、大きな災害に被災したことはない。

災害はいつ経験するかわからない。

僕には少しの貯金があるけど、災害にあったとき、ATMでお金をおろせる保証は無い。

スマホの電子決済、クレジットカードも使える状況だと思えない。

ある程度の現金は必要だ。

僕は手持ち10万円だけは常に確保している。

大きな災害があった場合、その現金だけは持って避難しようと。

どんな悲惨な状況にあって、たくさんの人が死んで普通の感情じゃいられなくなる。

そんな状況下でも、冷静に、人を攻撃する側じゃなく、守れる側になれるよう、日々努力していきたい。

僕は自分が嫌いな人間になりたくないだけだ。

絶望的な状況であっても、みんなをポジティブにする力だけは持ちたい。

身につけたい。

話は逸れすぎたかもしれないけど、そういうことにいつなるかわからない。

だから、ダークファンタジーものが好きなんだと思う。

漫画の主要キャラが死んでファンは狂ったように悲しむだろう。

でもそんなことは現実社会でもすぐに起こり得る事。

悲しいけど、悲しみを乗り越えて、行動に移さなければ。

僕が作る「The Energy World」もそんな話。

平凡な日常から、身内がどんどん死んでいく。

たった一人になる竜牙。

新たな仲間たち。

死んでいく。

一人になる。

強くなる。

そんな感じ。

僕が人間像もそれ。

普段は極力、孤独。

でも、ピンチの時は人助けをしたい。

そういう人間になりたいけど、まだまだ修行不足。

もっとレベルを上げなきゃ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました