ゲイがトラックドライバーさんに望まれていない贈り物をする。

初めに言っておくと、僕のお話ではない。

どうせ、お前といつもの山本の話だろ?

っと思われたあなた。

違うんです。

僕の話じゃないんです。

別のトラックドライバーさんの話。

でもこの話を聞いて、僕は心に決めてしまった。

今後の僕にも大きく関わる話。

僕は仕事先のトラック運転手の方とはほぼ仲良し。

山本さんだけ少しギクシャク。

だから仕事中にも関わらずたくさん話してしまう。

仲の良いドライバーさんの一人。

林さん。

年齢は50歳前。

体格は中肉中背。

お腹がいい感じで出ている。

体型だけをみると、僕も好きな体型だ。

おっちゃんというよりお兄さん。

優しい人だ。

そんな林さんからこんな話を聞いた。

「ちょっと聞いてくださいよ。鈴木さん。」

いつも元気な林さんがこんなことを言うのは珍しい。

「どうしたんですか?」

「ここに来る前に別の会社に荷物を届けていたんですけど、変なものをいただいたんです。」

「どんなものですか?僕もよくお土産とかあげたりしてますけど。」

「鈴木さんはちゃんとしたお土産をくれるじゃないですか。もう一つの会社で去年入社した若い新入社員がいて、鈴木さんと同じくらい仲良くなったんです。その子からもよくお菓子とかもらうんですが、今日もらったケーキが開けてみると、食べかけだったんです。」

「えっ。どういうことですか?」

「実はそこの職場で少し噂を聞いていたんです。その子はゲイだと。職場の女の子が、私のことタイプだと話していたらしいんです。」

たしかに。

林さんは体つきはいい。

優しい。

気配りもできる。

年上好きのゲイだったら惚れるのもわかる。

でも。

「すごく気持ち悪いです。このケーキ。なんで食べかけなんですかね?そういう趣味なんですかね?」

「捨てたらいいと思いますよ。ゲイで林さんのことが好きなんだったら正々堂々、告白すればいいんですよね。林さん。ちゃんと断るでしょ?」

「もちろんですよ。ゲイの人たちに偏見あるわけじゃないですけど、私はゲイではないので。」

その新入社員の子が、どういう経緯で林さんに食べかけのケーキを渡したのかわからない。

ただ僕は胸が痛かった。

このやりとりを僕と別のトラックドライバー山本さんの関係で連想してしまったからだ。

僕も片想いの山本さんにこんなふうに思われていたら、なんという屈辱なんだろうと。

なぜ、屈辱と感じるのか。

僕は恐ろしくプライドが高いのか。

こんな屈辱を感じるなら、山本さんと付き合えなくてもいい。

気持ちを伝えることは絶対に嫌だ。

なぜか、そういうふうに僕の気持ちは変化した。

僕が今まで、山本さんにしてきた贈り物やお土産、山本さんにしてしまったセクハラの数々。

それらを第三者に言われていたとすると、すごく不快だ。

「俺がよく行っている取引先があるんだけど、そこの鈴木がほんとに気持ち悪くて、俺の体をよく触ってくるんだよ。俺、ゲイじゃないし。気持ち悪いんだよ。年賀状も送ってくるし、ストーカーかよ。」

とでも言われていることを想像するだけで、僕はたまらない気持ちになる。

悔しい。

でもそれは僕に魅力がないから。

ゲイとかストレートとか関係ない。

とうぶん、恋愛のことは考えない。

そういう方向性でいこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました