台風の日の妄想。

僕はチャリで仕事で向かっていた。

「すごい風。雨もヤバイ。でも電車停まっているし、自転車で向かわなきゃ。」

雨がものすごくなり、道路が川のようになりだした。

「うわ。これじゃあ自転車が走れない!!こんなん仕事どころじゃない!!休めば良かった。行かなきゃ良かった。」

僕は次第に足元から下半身まで水に浸かり始めた。

「足が水に浸かってしまった。水の勢いがすごい。このまま僕は死んでしまうのか。」

すると、

「リョウタ!!こっちだ!!自転車は捨てて、早く乗れ!!」

急に山本さんがトラックで現れ、僕を無理やり助手席に乗せた。

そうか。

もう僕は勤務先近くまで来ていたんだ。

そして、山本さんのいつものルートに入っていたんだ。

だけど、もう。

「山本さん。水の勢いがすごいよ。もうトラックも走れなくなる。」

「走れるだけ走る。できるだけ高いところに。大阪の高いところは、たしか谷町六丁目付近。そこまで走るぞ。」

なんか今日の山本さん。いつもより男らしい。だけど、無理だよ。この雨と洪水じゃあ。谷町付近だって、洪水状態だよ。

プスン。

トラックの中に水が入り、車は動かなくなった。

「くそ!!こんなところで!!」

水がトラックの中にまで浸水してきた。

「仕方ない。天災だし、誰も悪くないよ。だけど、僕は最期に山本さんと一緒に入れて良かった。」

「リョウタ。それって。」

「うん。僕、山本さんのことずっと好きだったんだ。あっ。好きっていうことは以前にも伝えたな。愛してるんだ。今でも。この世の誰よりも。」

クチュクチュ。

山本さんは何も言わず、濃厚な口づけをしてきた。

初めてするキスで、いきなり僕の口の中を舌で舐めまわすのは驚いたけど。

最期だからいっか。

僕は山本さんの腕の中で眠った。

永遠に。

って、台風中に思い描いてた僕はなんて不謹慎なんだろう。

本当にごめんなさい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました