僕のハーレム。

家に帰ったら、まず推しが全裸で待機。

トラックドライバーの山本も全裸待機。

田中哲司様も全裸待機。

料理は裸エプロンで推しに作ってもらう。

山本には、エプロンさえ着用は許さず、裸のまま洗濯と掃除と風呂掃除。

哲司様は僕のお相手。

えっ。

いきなりそんなエッ◯なことしないよ。

仕事で帰ってきたばかりだし、そんな年甲斐も無く、盛りの付いたネコじゃあるまいし。

僕の仕事の話を哲司様に甘えながら聞いてもらう。

我ながら書いてて恥ずかしいな。

ただの下ネタの方が堂々と書ける。

哲司様の膝の上に僕が座っている。

推しがご飯を作ってくれたから、夜ご飯タイムになる。

哲司様は忙しいから、推しと山本に余興を見せてもらう。

推しも山本もおそらく若い人が好きなはず。

だけど、おじさん同士キスをしてもらう。

僕はご飯を食べながら、二人が性的に反応するかどうか実験のように、二人の股間から目を離さない。

推しか山本の性器が大きくなれば、興奮しているということだから、その表情を見逃さない!!

興奮しているおじさん二人には最後までプレイしてもらって、僕は哲司様を独り占めに。

3P4Pはしたくない。

哲司様に対する独占欲が半端じゃない。

山本と推しに触らせない!!

あれ?

僕、疲れてる?

一人でこんな超絶な妄想をダラダラと。

この三人の誰とでも関係を持てたら、嬉しいに決まっているのに、三人同時ときましたか。

これは、あれだな。

三人のどなたとも関係を持てそうにないから、妄想で済まそうとするやつだ。

うん。

理にかなっている。

はあ。

三人とも自慰中毒症になればいいのに。

一日5回くらい自慰が我慢できなくなるってやつ。


コメント

タイトルとURLをコピーしました