山本さんとメッセージのやりとりしたよ。

もしかして、僕のこと度胸なしだと思っている?

だって、片想い中の山本さんに全然アタックしてないもんね。

わかった。

そこまで言うならいい。

今から、メッセージを送る。

来週、空いている日があるから、山本を誘おうと思う。

ご飯でもおごってやろうかな?

年下におごられるなんて、ウケる。

「山本さん。爬虫類好き?」

ちょうど僕のペットの餌が切れてきたから、爬虫類ショップで買おうと思ったんだ。

山本の住んでいる地域から、爬虫類ショップ近いんだ。

「ご無沙汰しています。」

は?

なんだ?

そのよそよそしい態度?

「爬虫類は嫌いです。」

あっそ。

知ってたよ。

お前は、ワンちゃん愛好家だもんな。

別にいいよ。

一人で爬虫類ショップ行くし。

僕はそのまま返信しなかった。

だって、それ以上メッセージのやり取りって意味ある?

ないよね?

「えっ。爬虫類嫌い!?僕、ショック。」

それとも、

「爬虫類嫌いでもいこーよ。爬虫類ショップ。ちょっと餌を買いに行きたいから。」

の方が良かった?

いやいや。

もういい。

Ifの出来事なんて、考えるだけ無駄。

それから不思議なことが起こったんだ。

僕の通勤途中に、よく山本のトラックを見かける。

それは前から言っているんだけど、心なしか怒っている?

むすっとした表情で、こちらを見ないよう意識している感じ。

だけど、その感情的な感じが逆に目立っている。

えっ。

僕、なんか悪いことした?

してないよね?

どうした?

どうした?

山本?

おじさん心ってよくわからない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました