親バカ。

女性のパートさんたちは、すぐグループができる。

そして始まる。

悪口大会。

「ねえねえ聞いた?川崎さんのところ。」

「聞いたわよ。また娘さんの件で早退でしょ?」

「いくらなんでも多すぎるわよね?これで何回目?」

「皆さんどうしたんですか?」

「あら。鈴木さん。川崎さんまた休んだんですか?」

「あー。そうですね。娘さんの件でちょっと。」

「やーぱり。ホント娘に甘いわよね。もう小学校四年生でしょ?普通もっと娘とは距離を取らない?」

「川崎さん。娘さんの話しかしないもの。ボーイフレンドができたとかなんとか。どーでもいーつの。」

こんな感じで娘を溺愛しすぎている川崎さんは、ちょっと浮いてしまっている。

娘さんの話ばっかりするのはどうかと僕も思う。

聞いているみんなつまらないんじゃないか?

その数週間後。

「ちょっと聞いてください。皆さん。ウチの子が。なんとくしゃみしたんですよ!!」

「えっ。鈴木さん。お子さんいらっしゃいましたっけ?結婚もしていませんよね?」

「澤さん。にぶいわよ。ホラ。鈴木さん、爬虫類のヘビ飼ったじゃない。それのことよ。」

「ヘビがくしゃみをするなんて、僕知らなかったんです。なんか湿度と温度に問題があるかもしれないんです。僕、心配です。」

「別にいいんですけど、鈴木さん。ホント毎日ヘビの話されていますよね。」

「今までそんなに楽しそうに話をされたこと、なかったですもんね。」

「えっ。そうですか?」

「私も思っていました。なんか鈴木さん、子どもが産まれて、女の子だったらすごく溺愛しそう。他の男と結婚なんかさせるかって。クスクス。」

「それじゃあ川崎さんと一緒じゃないですか〜。」

僕は内心ショックだった。

もし、子どもが産まれたら、ビシバシとスパルタ教育をしようと思っていたからだ。

そんな僕が溺愛なんて…。

ならん。

ならんぞ。

断じてそのようなことは。

あっ。

それ以前に僕はゲイだった。

てへ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました