みられている。

まただ。

気配を感じる。

道路を挟んで、右の路肩。

トラックがある。

そのトラック乗っている人の視線を感じる。

僕は気づかないフリをして、勤務先に急ぐ。

また、とある日。

視線を感じる。

またあのトラック。

確実にみている。

僕もチラッと見返した。

すると、トラックの運転席でハンドルを握っている腕で、顔を隠しながら僕をみていた。

はっきり言って、キモ。

堂々とみるか、無視するのが無難じゃね?

隠れてみてるとか、キモすぎるだろ。

おいっ。

そして、また別の日。

今度は、上から見下ろすように僕をみていた。

グレーのマスクが目立って、そのトラック運転手の顔は全然見えなかったけど。

そんなにみる?

僕だって、あんたのことみてるよ?

だけど、バレないようにみてるはず。

あんたが僕をみようとしたら、サッと別の方向に向く。

僕は勉強しないから目がいいんだ。

でも、あんたも乱視で遠視なんだろ?

遠くはよくみえるって言ってたよな?

ホントに変態野郎。

答えを言うと、トラックドライバーの僕の片想いの山本さんなんだけど。

そんなに見るかな〜?

たぶんこのおっさん。

僕のこと寂しがっていると思う。

ヒヒ。

いい気味だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました