優しくしないでください。優しくされたら僕は…。

僕は職場でもヘビを飼っている話ばかりしている。

「なんか僕のヘビ。最近、元気がなくて心配なんです。」

「暑さでバテてるんじゃないですか?」

「だったらいいんですけど。」

僕は同僚たちに言いまくっていた。

すると、上司から呼ばれた。

まずい。

仕事もせずにヘビの話を周りに言ってばっかりいたからだろうか?

「はい。鈴木です。」

「鈴木。最近、ヘビを飼ったらしいな。」

「はい。そうです。昔から好きだったので。(何が言いたいんだろ?)」

「金岡もヘビや爬虫類を飼っているんだ。お前より、ヘビのこと詳しいぞ。紹介しとくぞ。」

金岡さん。

面識はないけど、違う部署に働いている同世代の男性だ。

「はあ。ありがとうございます。」

要件はそれだけだった。

信じられない。

全然仕事と関係ないじゃん。

なんで?

でも、なぜだろう?

僕の胸の高まり。

頭がポーとする。

人の優しさに触れたからかな?

僕の上司。

年上だけで、性的対象ではなかった。

のに、ドキドキが止まらない。

もーやだー。

優しくしないで。

すぐに惚れちゃうんだから。

僕は。

コメント

タイトルとURLをコピーしました