好きな年下の男の子は裏切った。僕の気持ちを。

はあ。

暇。

バイト先。

コロナと暑さのせいかな?

続、バイト先。

素敵なおじさまがいたと思ったら、女ばっかり見てやがったし、ホント終わっている。

いっそのことトラックドライバーの山本をどこかに呼び出して、無理やりレイ…。

「いらっしゃいませ。(ん?僕のお気に入りの年下の男の子だー!!やたー!!)」

なんでこんなにここに来てくれるんだろ?

謙虚そうな感じがたまらなく好き!!

僕の方もチラチラ見ている気がするし、もういける?

やっちゃう?

テヘヘ。

ん?

「んもう。待ってよ。先に行くなんてー。」

女性が入ってきた。

「ここの美味しいんだって。早く注文しよーぜ。」

…。

僕の心の中が静かに燃え始めた。

よりによって、年下のチャラチャラした女と付き合っているなんて。

どうせだったら、すごく落ち着いた感じの女性にしとけよ。

相手を思いやれるような。

昨日の夜もセック◯したんだろ?

クソがー!!

僕が年下の男の子に抱いていた性的な気持ちが崩れ去った。

だから年下はキレーなんだよ。

やっぱ年上の方だよね?(昨日のブログでおじさんに興味持たれてなかったよね?)

おじさん好きー。

こうして歴史は繰り返される。

コメント

タイトルとURLをコピーしました