あなたは誰をみている?

コロナのせいか、暑さのせいか、バイト先がひま。

あんまりひまだったので、外の道行く人を眺めていた。

すると、次第に僕の好みの男性を発見する。

「えへへ。うまそうなオヤジ。脂がのっているだらしない腹。年甲斐もなく、ハーフパンツ。短髪。そそられるぜ。」

僕が上も下もヨダレをたらしていると、そのオヤジもどこをみていた。

どこみてるんだろ?

どうせだったら、僕をみろよ?

男性の目線の先は、薄着の若い女性だった。

ずっと、凝視している。

女性に気付かれるんじゃないか?

ってくらい凝視している。

キモッ。(僕は人のこと言えない。)

その女性はオヤジから顔をそっぽむいている。

気づいているのかな?

あんたみたいなジジイは相手にしないわよっ。

って感じなのかな?

いや、違う。

その女性も誰かをみている。

道路の向かいの30代くらいのスーツリーマンだ!!

えっ。

なになに?

みんな暑さでどうしちゃったの?

恥じらいもなく、性的な対象を見続けるなんて情けない!!(人のことは絶対に言えない。)

しかし、目っていうのは正直だ。

見たいものしか見たくないものね。

美味しそうなもの、可愛いもの、性的対象。

やっぱこの三つが大きいかな?

じゃあ、外の世界でよく目が合う人と、やろーと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました