ゲイの仲間たちと集まったら、僕は大変なことになる。

僕は相変わらず、推しのTwitterをみていた。

推しの人は人気者で、Twitterで知り合った方達、数人と集まっていた。

僕は二人だったら何回も会ったことがあったけど、三人以上で集まったことはない。

僕は集まりたいって思っているけど、向こうの二人が会いたいとは限らない。

推しの人はたくさんの人と一度に会って、どうなったんだろう?

推しの人に対して性的な気持ちを抱いている人が多いはずなのに。

どうかわしたんだろう?

それとも…。

僕は思い出したんだ。

数年前、僕がよく行っていたゲイバーの集まりで泊まりで海に行ったことを。

そこのゲイバーのマスターに僕は食べられたんだ。

だから海に行くことになったんだけど。

問題はそこから。

ゲイバーのスタッフや常連のお客が参加した。

常連のお客の中に、すごくカッコいいお兄さんがいたんだ。

僕は年上好きだし、その方は年下好きだし、僕は期待してしまった。

最初は緊張して離れていたけど、どうやったらそのお兄さんに近づけるか、僕は考えた。

海で泳ぐときは、あまり近付かず、狙いを銭湯に絞った。

僕はお兄さんと銭湯の時間を合わせた。

同じ湯船に入る計画で。

お兄さんは銭湯で体を洗うと、湯船に浸かった。

僕は偶然を装った。

お兄さんと世間話をした。

お兄さんは僕が年上好きって、ゲイバーの誰かから聞いていたらしい。

なかなか湯船からお兄さんは出ようとしない。

他の人たちが続々と銭湯から出ていった。

僕とお兄さんが湯船で二人っきりになった瞬間、お兄さんは僕の股間にイタズラを仕掛けてきた。

僕は大きくなったので、身動き取れない。

着替え室で誰もいなくなった瞬間、僕は慌ててタオルで体を拭いて着替えた。

ご飯を食べるときも、夜の散歩も、ずっとお兄さんといた。

だけど、ゲイバーのママからの視線を感じた。

僕はいけないことをしているような、でもやめられないような。

寝る時も、お兄さんの寝ているところに行ってしまった。

イチャイチャするのが、楽しかったからだ。

次の日も、ずっとお兄さんといようと僕は思っていた。

翌日、昨日とは打って変わって、お兄さんは僕を避け始めた。

えっ。

昨日と全然違う。

お兄さんはずっと誰かと電話をしていた。

ゲイバーの人に聞いたら、彼氏らしい。

なんか彼氏が怒っているみたい。

昨日、連絡をしなかったからなのだろうか?

それから僕はみんなで車で帰る時まで、お兄さんとまともに会話ができなかった。

でも、昨日あんなにイチャついたんだから、僕はホテルに行って濃厚なエッ◯がしたいと思っていたし、向こうもそうなんじゃないかと思っていた。

連絡先を交換しないまま、まともに別れの挨拶もしないまま、お別れをしてしまった。

彼氏がいる人に熱くなる僕がいけないんだけど、本当に悲しかった。

あんな思い、もうしたくない!!

あれ?

話が長くなってしまった。

だからね、二人以上で会うことこういうことになるみたい。

僕の場合。

コメント

タイトルとURLをコピーしました