爬虫類苦手な人たちとそうじゃない人たち。

僕はヘビを飼ってから、いろんな人に同じ話ばっかりした。

「実は僕、ヘビ飼ったんです。」

「えっ。鈴木さん!!そんなのが好きなんですか?」

「俺もヘビ好きです。」

「動物好きだったんですね。あっ。爬虫類か。」

みんなの反応はなんとなく肯定的。(?)

もっと気持ち悪いー。

とか。

えっ。正気ですか?

とか言われると思ったのに。

言われても全然いいのに。

そんなの昔から慣れっこだから。

小学校の時も、友達が僕のために野生のヘビを捕まえてきてくれて、ヘビを教室で触っていたら、女子たちがキャーキャー言っていた。

女子はヘビを見ると、キャーキャー言うものだと思い込んでいた。

だけど、今の職場の女子(お姉様方)は違った。

「えっ。ヘビ苦手じゃないんですか?僕に気を遣わなくていいですよ。」

「私、足が5本以上ある生き物が苦手なんです。ヘビは足ありませんよね?」

そりゃないけど、ホントに大丈夫なのかな?

「私も虫の方が嫌です。(動画をみせて)けっこう大きなヘビですね。びっくりしました。」

僕の職場の女子たち。

小学校の時のようなキャーはなかった。

嬉しいような寂しいような。

逆におっさんたち。

「えー!!鈴木。そんなん飼ったん?気持ちわる。」

「ヘビ。俺はこわい。ヘビは動きが気持ち悪い。」

なんなんだ。

うちの職場の男どもは。

だらしない。

もしかして、爬虫類は女子の方が好きな時代になってるの?


コメント

タイトルとURLをコピーしました