傷つけてしまった。申し訳ございません。

ホント言葉って暴力だ。

僕は甘く見ていた。

僕の悪口で傷つく人のことを。

僕はこれまで特定の人の悪口を書いていた。

①政治的発言を偉そうに言う人。

②エロ発言ばかりする人。

③エロリツイートばかりする人。

④僕とエッチなことをして気が合わなかった人。

この中って誰にでも当てはまるようなことも多い。

僕だって②のエロ発言をすることもある。

①と③が予想以上にとある方に効いてしまった。

①の人は、僕のエロいブログしか読んでいないとばかり思っていたら、案外そうでもなかった。

僕がブログで発言して以降、Twitterで何もツイートしなくなった。

③の人もそうだ。

僕はこの人に意地悪をしたかったから、ブログで書いたらどう思うんだろうと思った。

反応はなく、エロリツイートをそっとやめていた。

僕に何も言わなかったから、この人も傷ついたのかもしれない。

今回の謝罪で一番なのは、②の人。

本当に僕のブログを読んで、傷つき、気分を害してしまった。

Twitterを辞める前に、本音のツイートをしていた。

「ブログで悪口を書かれた。」

これは僕しかない。

僕はたかをくくっていた。

僕とDMのやり取りをあまりしていなかった方が、ブログを読んでくださっていたことを。

人に楽しんでもらいたいって思ってブログを書いているのに、逆のことになってしまった。

申し訳ございません。

反省しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました