人様に迷惑をかけないように。

もうすぐ親に会う。

親っていうかよく喋るのは母親だけど。

僕はヘビを飼ったドッキリを仕掛けるのだが、問題はその後。

僕は小さい頃から、ずっとヘビを飼いたかった。

それは親も知っている。

その夢が叶って、「わーい」で済むわけがない。

去年か、一昨年だったか。

関東で巨大なヘビが逃げた事件があった。

連日テレビで流れて、日本中に知れ渡った。

あの事件の時、親に言われたんだ。

「あんた。ヘビとか飼うんじゃありません。あんな事件になったらどうするの?」

って。

僕の飼っているヘビはあの逃げ出したヘビよりは小さいが、ヘビが苦手な人が見ると腰を抜かすだろう。

僕は知り合いに撮ったヘビの動画をたくさん見せたが、みんなが思っていたよりは大きなヘビで驚かれた。

だから、本当に気をつけなければならない。

僕の飼っているケージなんかは脱走してもいい。

その後だ。

僕の部屋から、家からは一歩も出してはいけない。

ケージから逃げる前提で戸締まりをして、仕事に行っているが、毎日心配している。

親に話したら、また説教始まるだろうな。

100%脱走させない!!

とは言い切れないのが、ヘビなのだ。

ヘビは生き物の中で脱走するのが限りなく上手な生き物だからだ。

もし脱走してしまったら、人間に飼育された外国産のヘビ。

日本の自然界で生きていけるわけがない。

近所の方々にも迷惑がかかる。

僕も悲しい思いをする。

脱走していいことなんか一つもない。

それを心に刻み込んで、毎日しっかりヘビを管理していくんだ。

これからずっと。

あっ。

また僕の意気込みブログになっちった。


コメント

タイトルとURLをコピーしました