あなたのことが頭から離れない。

こんなことは初めてかもしれない。

いつ何時もあなたのことばかり考える。

どうしてるかな?

何を考えているのかな?

僕と一緒に過ごしているとき、何を感じているのだろう。

つぶらな瞳で僕と見つめ合う。

相思相愛に見えそうだが、違う。

おそらく僕のことは眼中にない。

たぶん。

暑い。

寒い。

うるさい。

明るい。

寝よーと。

ていうくらいの気持ちかな?

あわよくば、脱走の計画をも立てているのかも。

あっ。

ごめんなさい。

ノロ気になっちゃったかも。

そう。

同棲しているんです。

彼女と。

まだ一歳になったばっかりのボールパイソンです。

あっ。

爬虫類苦手な人には、わからないですよね。

ヘビを飼い始めたんです。

先日の予告通り。

飼っちゃったんです。

もうそのことしか考えられない。

大人しいと聞いていたボールパイソン。

どこが?

っていう感じに夜中は大運動会状態。

さっきも餌の冷凍ネズミをパクリ。

小さすぎるみたい。

もう頼もしすぎる彼女。

このドッキリを母親に言うのが、楽しみ。

「お母さん。今、僕同棲してる。」

「あんた、やっと…。今度紹介しなさい。」

「わかった。家に連れて行く。」

その時の母親の驚く顔が楽しみだ。

ククク。

コメント

タイトルとURLをコピーしました