さすがにもうお付き合いしない。

斉藤さん。

元取引先のお客様だ。

今は違う。

斉藤さんは取引先の会社を辞めたんだ。

辞めた直後は、1〜2回飲みに行った。

仕事でお世話になっていたからね。

これってコロナ前のお話。

未だに連絡がたくさん来る。

4月くらいからずっと着信があって、めんどくさいから返していなかった。

最近、またたくさん斉藤さんから着信があったら、仕方なく電話を受けた。

「鈴木くん。久しぶり!!忙しそうやな。」

「斉藤さん。ご無沙汰しています。元気にされていました?」

「鈴木くん。空いている日があったら、飲みに行こうや。いつものスナックや。」

気になっているおじさんからの誘いだったら、こんなに嬉しいことはないだろう。

斉藤さんのスペック。

身長168cm体重80kg50歳前後。

大阪のおっちゃんって感じ。

昔から僕に優しくて、僕に惚れてるかもって思ったこともあったんだけど、スナックのお店の女性が好きなんだ。

そのスナックに何度か越させられたから、斉藤さんの思惑はわかってる。

スナックの女性といい関係になりたいだけ。

僕にメリットある?

ないよね?

このおじさん、今の仕事で僕と関わっていないんだよ?

こんな時間泥棒に付き合うことはないよ。

だから、僕は断り続ける。

「斉藤さん。ごめんない。僕、バイトしているので、一週間休みないんです。」

「ホンマかいな。また時間つくってーなー。(大阪弁)」

「はい。また楽しみにしています。(誰が行くか。電話してくんな!!)」

ホントしょうもないおじさんしかいない。

素敵な人は何処へ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました