今、性的に欲しいものがある。

はあ。

認めたくない。

でも、人間の煩悩って厄介なもので。

僕には欲しいものがある。

お金で解決できるものではない。

いや、ひょっとしたら解決できるかもしれないけど、僕のプライドが邪魔をする。

寝る前に思うんだ。

パンツが欲しいって。

えっ。

パンツなんてすぐ買える?

そりゃ新品のパンツだったら買えるよ。

それだとただのパンツだ。

僕が欲しいのは、推しとトラックドライバー山本のパンツ。

脱ぎたてほかほかの。

自分で言っていて恥ずかしくないのかな?

僕。

寝る前に思うんだ。

推しのパンツと山本のパンツが手に入ったら、めちゃくちゃ下半身で遊べるって。

はあ。

僕って変態すぎる。

普通の恋愛できないとおかしくなっちゃうのかな?

推しか山本を僕の家に招待する。

そして…。

「リョウタくん。コーヒーごちそうさま。明日も早いからそろそろ帰るね。」

「ただで帰れると思っているのか?命が欲しくば、下着を脱いでノーパンで帰れ。」

「えっ。リョウタくん!?」

「さっさとしろ!!」

手に入れた推しか山本の脱ぎたてパンツで、匂いを嗅いだり、自分ではいたり、何度放出することになるかわからない。

あれ?

キングダム読んでいるせいで、変に漫画的な妄想になっている?

あー。

奴らのパンツが欲しいー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました