「寂しくないんですか?」

今日のバイト。

いつも一緒にバイトしている大学生の女の子が休みだそうだ。

店長はよその店舗から、別の大学生の男の子を呼んでくれた。

年下の男の子に興味はないんだけど、たまに気になる子がいるからちょっと楽しみ。

体育関係の男の子たちは、仕事一生懸命やる子が多いんだよな。

自分より立場の上の人たちに、気に入られたいってのがあるみたいだけど。

よその店舗から来てくれたのは、バレー部の米田くん。

19歳。

関西の大学二年生。

身長186cmもあるんだって。

体重はわからない。

70〜80kg?

よく動く。

気遣いもできる。

コミュニケーション能力も高い。

どこでも就職できそうな子だ。

ルックスも悪くない。

女の子にモテるだろうな。

もちろんゲイにも。

仕事が一段落して、僕と米田くんは会話をした。

「え〜。米田くんとこ五人兄弟なん?兄弟多いのっていいな。」

「楽しいっすよ。うちんとこは二世帯住宅なんで、おじいちゃんとおばあちゃんも住んでるっす。」

「賑やかでいいな。米田くん一人暮らししたら、すごい寂しくなるんと思うで。」

「そうっすか?俺、めっちゃ家、出たいっすもん。一人暮らししたら、女の子家呼べるじゃないですか?」

「実家暮らしやったら、ホテル行かんとあかんもんな。」

「鈴木さんのことも聞きましたよ。ここの店長から。よく旅行に行かれるって。彼女と行くんですか?」

「え〜。彼女なんていないって。彼女いてたら、ここでバイトしてへんやん?」

「あっ。そっすね。別に仕事されてますもんね。じゃあ一人で旅行行かれるんですか?」

「えっ。うん。」

「えっ。マジっすか。寂しくないっすか?」

「寂しい?んー。寂しくない。なんで寂しくないんかな〜?誰かいると気を遣いすぎるからかな?」

「そうなんですか?」

「そうそう。僕はすごい神経質やねん。誰かいると、相手のことばっかり考えてしまう。どうやったら相手が喜んでくれるかどうか。何をしたら楽しいかとか。だから、ご飯も基本的に一人で食べる方がいいな。誰かいたら、食べてるものを楽しめなくなるから。」

「鈴木さん。噂には聞いていましたけど、変わってますね。」

「そうみたい。」

たまにこういう大学生と話すからいい。

自分について考えることができるから。

そうだよな。

普通は一人でいることって寂しいはずだよな。

でも、僕って本当に面倒な人間なんだもん。

面倒だからこそ、他人様に極力面倒をかけたくない。

面倒なところを見せたくないんだ。

今後の人生、僕の面倒なところを見せれる人が現れなきゃいいけど。

コメント

タイトルとURLをコピーしました