推しに相手にされなくなった僕。

推しの人がTwitterで、僕に興味ないのによく「イイね」をしてくれていた。

気になっている人に「イイね」されると嬉しかった。

でも推しの人が僕に対して、下心があるわけじゃないって思っていたから、複雑な思いだった。

「イイね」よりも実際にあなたと話したいんだ。

それを推しの人に伝えたけど、はぐらかされてしまった。

僕はそっから、推しの人に「イイね」をしなくなったんだと思う。

推しの人は少し前までは、「イイね」してくれていたんだけど、今は無くなった。

「俺に『イイね』してくれないリョウタなんて、どうでもいい。俺の記憶からデリートだ。」

って思われたかもしれない。

ストーカー気質がある僕は、今でも推しの人のTwitterを確認している。

だって、Twitterで楽しそうに写真をアップさせることが多いんだけど、急に更新がなくなったり、

乗っ取られたり、何かいろいろあるんだもん。

推しの人がTwitterで求めるものは、圧倒的に承認欲求。

今のZ世代と同じだ。

リプとイイねが大事みたい。

特にリプかな?

褒められるコメントが好きみたい。

僕も最初はこれでもかっていうくらい褒め殺しをしていた。

喜んで欲しかったからね。

でも、僕のブログもそうだけど、SNSって人間性が本当に映し出される。

SNSは仕事だって、隙がないように気を張っていないと、自身の良いところも悪いところもさらけ出してしまう。

だから、推しの人のTwitterをみてるとさびしい気持ちになったんだ。

この人はもっと多くの人から、リプやイイねをもらいたいんだろうなって。

わかりやすくてかわいい人だなって思うけど、僕と交わることはないんだろうな。

同じ世界に生きているのに、僕と推しは違う世界の人同士みたいだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました