お母さんと話が合いすぎて、こわい。

僕は7月に親の仕事を手伝うことになったので、日程の確認のために、実家に電話した。

日程がうまいことハマり、本業の支障をきたさないスケジュールを組むことができた。

バイトを少し休むことになるので、心が痛い。

お母さんと電話で話していて、話は次第に仕事からそれていった。

「あんた、それより大阪感染多くなっているんじゃないの?」

「ん?いつものこと。コロナ感染者が珍しくなくなった。」

「まあ。ところで大阪のアソコ。新今宮に星のリゾート入ったでしょ?私、すごく行きたい。」

「お母さん。もしかしてガイアの夜明け観た?僕もそれで知ったわ。」

話はダラダラと続き。

「トキオの松岡が女装しているドラマ。あれ案外ためになるのよね。」

「家政夫のミタゾノ?ウソ。お母さんもあれ観てるの?僕もそのドラマだけ観てる。」

「あんたあんな遅い時間のドラマ観てるの?私がお風呂上がりにちょうどやっていたのよ。」

僕と母親。

こわいくらいに観ているテレビが同じだった。

やっぱ僕はこの母親の息子だ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました