同性にナンパされたら、気をつけなさい!!

今から五年ほど前。

僕は配属先が大阪市内のとある大きなビルだった。

夕方。

ちょっと嫌なことがあったので、ビルの外に出て休憩をしようと思った。

ビルの外で僕はボーとしていた。

「はあ〜。ホントに腹立つ。山本の野郎。何を僕が言うこと勝手に怒ってるねん。いい歳してガキや。プンプン怒りやがって。」

僕はこの頃から、トラックドライバーの山本さんの惚れていた。

だけど、僕は愛情の裏返しのせいか山本さんに意地悪ばかりしていた。

この時は、冷たい態度をとるっていう意地悪。

そしたら、山本さんも冷たい態度をとるようになり、僕はプンプン怒っていた。

「山本のこと好きやのに、なんでうまくいかないんだろう?」

僕がそう思っていると、ビルの自動ドアが開いた。

プワァァ〜。

当然、彼は現れた。

短髪でガチムチ体型。

なのに、服装はぶっ飛んでいる。

高級ブランド品の香水のニオイがプンプン。

GUCCIと大きく書かれたマントのようなものを羽織っていた。

靴もギラギラに光っている高そうな靴。

芸能人のファッションチェックをするような人たちの格好。

僕は目を奪われた。

この人。

こんな変なファッションしなかったら、僕のタイプだ。

ガチムチだし、短髪だし、男らしい感じなのに。

年齢は40代前半くらい。

たぶん身長174cm。

体重83kgって感じ。(なんとなく)

僕が彼を凝視していると、

「ん?どうしたの?」

彼が話しかけてきたのだ。

「すごいマントですね。そんなの見たことないです。」

「ああ。コレ。まあね。俺、アパレル関係には詳しくてね。君は?」

「僕はこのビル3階に入っている会社の鈴木リョウタです。」

「俺は、11階の会社で働いている西口徹。鈴木くん。ファッションの興味があるんだったら、俺がコーディネートしてあげようか?」

「えっ。(興味あるなんて言ってないけど。)ホントですか。嬉しいです。」

「俺は仕事がもう終わったから、今からでもいいよ。鈴木くんはどう?」

「(わっ。めちゃくちゃ急だ。)じゃあちょっと仕事片付けて、すぐ降りてきますね!!」

僕は急いで自分のオフィスに戻った。

内心ドキドキしていた。

これってナンパ?

うわ〜。どうしよう。

今日、体の関係を迫られたらどうしよう〜。

山本のやつ、ざまあみろ。僕は西口さんといい関係になるんだもんね。

僕は急いで仕事を終わらせ、西口さんと合流した。

「鈴木くん。早かったね。じゃあ行こうか。俺のオススメのお店に。」

僕と西口さんは梅田にやってきた。

グランフロントに入っていGAPに入った。

「GAPに入るの久しぶりです。」

「そう?鈴木くんに似合うのは、あんなのどうだい?」

僕は内心ファッションには興味がなく、服選びを終わらせて、次何をするかしか気になっていなかった。

僕は西口さんに言われた服を迷いもせずに買った。

「鈴木くん。決断力早いね。いいね。君いいね。」

「テヘヘ。」

なんだろう。

僕が西口さんに下心があるせいか、褒められると無性に嬉しくなった。

「この後どうする?」

きた!!

ああ。

ホテルとか行っちゃうのかな?

僕は西口さんに身を委ねる。

「ディナーでも行くかい?」

「お腹すきましたね。行きましょう。」

チッ。

僕は内心腹が立った。

食欲より性欲の方が爆発しそうなんですけど?

俺がお前を襲ってやろうか。

梅田のどこかのビルで僕と西口さんはディナーをした。

周りはカップルや仕事の関係者。

でも周りなんてどうでも良かったんだ。

すごくドキドキする。

デートするってこういうことなのかな〜?

「鈴木くん。ビール飲める?」

「はい。少しだけなら!!かんぱ〜い!!ごくごく。」

「いい飲みっぷりだね。」

僕と西口さんはお互いの話をした。

時間はあっという間に過ぎた。

時計をみると、22時は過ぎていた。

僕は気分が良かった。

西口さんといい関係になったら、トラックドライバーの山本さんのことを気にしなくていいからだ。

「あっ。もうこんな時間か。ごめん。鈴木くん。俺、予定があるんだ。だからもうすぐ行かなきゃいけないんだ。」

「いえいえ。ホント楽しかったです。お忙しい中、ありがとうございます。」

「鈴木くん。また会ってもらえるかな?」

ドキン。

僕の胸は高鳴った。

「はい!!ぜひ!!」

「じゃあ次に会うまで、オススメの本があるから読んでほしいんだ。」

「えっ。はあ。」

「『金持ち父さん貧乏父さん』って本、知ってる?」

「聞いたことあります。」

「その本を読んで感想を聞かせてくれるかな?」

「わかりました。読んでおきます。」

僕は拍子抜けしたが、とりあえず言われた通り、ネットで即購入した。

「金持ち父さん貧乏父さん」。

元々お金に関しては詳しかった僕には、復習のような内容だった。

もちろん面白いけど、西口さんがこんな本読んで意味があるんだろう?

ブランド物を頑張って身につけている西口さんが、貯蓄がないことなんて僕にはバレバレなのに。

それから一週間ほどが経って、西口さんから連絡があった。

「どう?本読んだ?」

「面白い考え方です。勉強になります。」

「じゃあ感想聞きたいから、時間取れる?」

「はい。」

今度は喫茶店だった。

僕はディナーを西口さんと一緒にできないんだと、残念に思った。

コメント

タイトルとURLをコピーしました