僕はやっぱりこわいやつ。その②。

命乞いをされた。

僕は敵の命乞いを無視し、そのまま殺した。

そして何食わぬ顔でゲームを進めた。

おそろしい。

僕は知っていた。

このボスが命乞いをすることを。

生かしておいた方が、特になるってわかっていたのに、とどめを刺したのだ。

残酷極まりない。

これがゲームの世界ではなく、現実だったら大変だ。

僕のめんどくさいって気持ちから生命を奪うなんて、あってはならないのだ!!

そうなのだ。

本当はこのボスを生かしておくつもりだったんだ。

生かしておいた方が、後々いいことがあるって、ゲームの攻略情報に載っていたから。

じゃあ、なんで殺したか?

このボスと戦っている時、僕が寝なきゃいけない時間になっていたんだ。

「えっ。もうこんな時間!?早くゲームやめて寝なきゃっ。」

急いでこのボスを倒そうとした。

なかなか手強い。

くそ〜。

死ね死ねー!!

撃破!!

よっしゃ!!

早く寝なきゃっ。

セーブセーブ!!

敵との会話をAボタン連打!!

命乞いをする敵に

トドメをさす←Aボタン連打

トドメをささない

あっ。

間違った。

しまった。

でも寝なきゃ。

まあいいか。

またやり直すのめんどくさいし。

これが真実。

めんどくさいとかが理由で命を奪っていいのだろうか?

そして僕は後悔することになる。

現実世界でGoogle様に怒られることになる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました