若い男好きおじさんと若い女好きおじさんは似てる。

このゴールデンウイーク少しショックなことがあった。

僕はいつも通り本職とバイトのゴールデンウイークだった。

予定がないから、仕事しかない。

だけど、仕事の中にもささやかな癒やしがある。

それはバイト先だ。

僕はおじさんにだけ愛想がいいため、常連のおじさんに好かれている。

今日はその中の一人のおじさんが主役。

歳は50代くらい?

身長166cm。

体重75kg。

体型はなんとなくそんな感じ。

いわゆる小太り。

メガネをかけていて小太りで、あんまり運動は得意じゃなさそう。

でもカラオケは上手そう。

よくゲイバーでいそうなおじさん。

話し方も優しく、威圧的じゃない。

物腰の柔らかいおじさんって、ゲイっぽく感じちゃうんだ。

女が入っているような。

服装もチェックのシャツとかピンクのシャツとか、小ぎれいにしつつ、オシャレというか、やや派手。

僕は確信していた。

このおじさんはゲイだと。

若い男が好きに違いない。

えっ。

僕、狙われている!?(痛すぎる)

仕方ないな。

じゃあホテルに一緒に行くとする。

僕はこのおじさんにおちゃめな意地悪をしたいと思う。

おじさんがシャワーに入っているときに、おじさんのパンツを隠すのだ。

シャワーから出てきたおじさんは大慌て。

仕方なくノーパンでズバンをはくことになる。

その時の表情を想像するだけで、僕は絶頂に達しそう。

ああ。こんな話をするつもりじゃなかったのに。

話を戻そーと。

僕はこのおじさんが若い男を見るだけで、上からも下からもヨダレをたらす野郎だと思っていた。

ゴールデンウイーク中にバイト先に来たのだ。

どうせ頭の中は若い男でいっぱいのくせにって思っていたら、20代くらい若い女と一緒だった。

いつも以上にデレデレしてた。

このジジイはデレデレしながら、上からも下からもヨダレをたらしているに違いない。

しょーもないクソジジイ。

あれ?

言葉遣いが悪くなっている?

僕としたことが。

しょーもないのは僕でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました