職場の先輩からゲイの特徴を教えられた。

「鈴木くん。もうすぐ休憩入る?」

「そうですね。仕事もひと段落ついたんで、ご飯でも食べてこようと思います。」

「じゃあ私も付き合うわ。近くでお寿司屋さんが新しくできたの。そこに行きましょう。」

(わあー。一人でご飯食べたかったのに。普段お世話になっている北田さん(先輩の女性。アラフィス)だから、仕方がない。)

僕と北田さんは、できたばかりの回らないお寿司屋さんに行った。

「僕、お寿司好きです。特に赤身のマグロが大好きです。」

「ねえねえ。鈴木くん。あなたゲイの友達いる?」

「ゲイかもしれないって人はいますけど、ゲイって自分から言っている知り合いはいないです。」

「ちょっとNHKで観たんだけど、ゲイの世界っていろんな暗黙のルールがあるらしいのよ。」

「どんなルールですか?」

「まずはね、ゲイバーに行くときは本名を名乗らない。本名以外の名で呼び合うらしいわ。」

「へー。そうなんですね。僕だったら何しようかな?かっこいい名前にします。」

「あと、誰とでも体の関係を持つらしいわ。一晩一緒にベッドで過ごしても、あいさつのようなものらしいの。」

「えっ。マジっすか。僕、ちょっと体が緩い女の子はムリっす。」

「体の関係を持っても、嫉妬はしてはいけないらしいの。すごい世界だと思わない。鈴木くん。ゲイの世界って。」

「えっ。体の相性が良くて好きになっちゃったら困りますよね。そりゃ嫉妬しちゃうんじゃないですか?僕、ムリっす。」

なんで北田さんはこんな話を僕にしたかわからないけど、ゲイについて勉強になった。

本名を名乗らないってのは僕、当てはまるな。

鈴木良太って超偽名だし。

ゲイの世界って闇が深い。(?)

コメント

タイトルとURLをコピーしました