僕はやっぱりこわいやつみたい。

僕は仕事をしていた。

4月から新しい人たちが来て、職場は慌ただしかった。

後輩の岡林くんが、

「4月から入ってきた(若い女の子)浜崎さん。なんか愛想がないっすね。」

「愛想ないよな。なんで課長はあんな子採用したのかな?いいところはおっぱいが大きいところだけやんな。」

「そうっすね。おっぱい大きくてもアレじゃテンション下がりますね。」

岡林くんとは女の子の悪口で盛り上がる。

僕は最低な先輩だ。

でも、僕の悪いところはこんなもんじゃない。

それは上司にまで…。

「鈴木さん。事務室のハサミがなくなってるんですよ。どこにあるんすかね?」

「えっ。今までこんなことなかったのに。浜崎さんがどっかに持って行ったかな?」

「浜崎さん。今日、休みです。」

「じゃあちょっと課長に言ってくる。」

「課長。事務室のハサミがなくなりました。僕が予備で持っているハサミを事務室に置きます。ダイソーで買ったハサミです。100円ください。」

「えっ。100円!?ちょっと待って、財布にあったかな。んー。はい。100円。」

何食わぬ顔で僕は100円をもらった。

よくよく考えたらおかしくないか。

僕が予備で持っているハサミは、新品じゃない。

ただの中古。

5年前から使っている。

それを新品と同等近くの値段で買い取ってもらうなんて、詐欺まがいじゃないか?

まあいいか。

仕事はスピードが命。

ってドンキホーテの経営理念にあったし。(この前、がっちりマンデーでドンキ特集やってたから。)

みんなが気持ちよく仕事をするためには、いち早く事務室に新しいハサミを準備しておかなければならない。

僕は正しい。(?)

こういう風にすぐに自分を正当化する奴は、ちょっとめんどくさい奴が多い。

あっ。

僕だ。

やっぱり僕はこわいやつ。(昨日に続き)

コメント

タイトルとURLをコピーしました