知床遊覧船。知床行ったばっかりだった。

僕のブログを読んでくださる方は気づいたかもしれない。

僕は去年の12月に知床に行っていたんだ。

去年の夏くらいに知床に行きたいって思って、楽しみにしていた。

流氷みたいけど、12月は流氷がない。

それでも、知床っていう大自然を体験したかった。

遊覧船にも乗りたいと思った。

僕が行った12月は閑散期だったため、遊覧船をお休みしているところが多かった。

僕はガイドを雇って原生林をトレッキングしたんだけど、それもお客さんは僕一人だった。

僕はガイドさんからいろんな話を聞けて大変勉強になったけど、それほど観光客が少ないということがわかってしまった。

知床から女満別空港に戻る時、バスと電車を使った。

僕はずっと海をみていた。

この海が流氷に覆いつくされるんだなって。

僕は先日、沖縄の宮古島に行っていた。

北海道の海と宮古島の海は真逆。

宮古島は水色のような海。

深いのかもしれないけど、砂浜も多い。

知床の海は黒に近いような青。

漆黒っていう表現の方がいいかも。

こわい。

僕は海をみて思った。

知床のトレッキングで崖から海をのぞいた。

こわかった。

海はこわいものだけど、よりこわさがあった。

知床には砂浜がなかった気がする。

海と崖って感じ。

海に落ちたら、泳いでどうにかなるものじゃない。

今回の件で、僕も色々考えてしまった。

人生、何があるかわからない。

僕も旅立つ時は、飛行機に乗っている時さえ、命について考えることがある。

僕は旅立つことをやめない。

でもそういうリスクは常にある。

それだけは心に留めておこう。

リョウタの知床旅行記↓

ログイン ‹ 年上好きのリョウタ3ではなく4 — WordPress
ログイン ‹ 年上好きのリョウタ3ではなく4 — WordPress

コメント

タイトルとURLをコピーしました