お金で好きな人を好きにできるのなら。

僕はまた下世話なことを。

でも、けっこう考えちゃう。

とあるドライバーさんを、もし好きにできるならって。

とあるドライバーさんは、明らかに浪費家。

経済を消費することは大事だけど、おそらく収入より支出の方が大きい人。

マイナスになりやすい要素を孕んでいる。

やばいなって思ったのは、給付金の時。

一昨年だったかな?

国から給付金として10万円配られた。

僕は何に使ったかわからないけど、生活費用の口座に入れていたと思う。

とあるドライバーさんに聞いたんだ。

給付金の使い道。

「なあなあ山本さん。給付金もらった?僕、申請して、口座に入ってたで。」

「すーちゃん。遅いな。俺はとっくに給付金もらってた。」

「あっ。そうなんや。何に使う?美味しいもの食べるの?」

「自動車税に使った。」

「…。」

なんて夢がない。

現実的すぎる。

生活感ありすぎ。

余裕なさすぎ。

はあ。

困った人。

だったら、このどうしようもないおっさんに僕が10万円あげようか。

ただ?

そんな無償な活動を僕はしない。

お金に見合うものを要求するつもりだ。

山本さんを抱くこと?

セック○すること?

それが僕の望みなのだろうか?

向こうが望んでいない愛がないセッ◯ス。

そんなの虚しい。

お金を払っても、相手が望んでないエッチはイヤだ。

終わった後に後悔するのが、目に見えているからである。

じゃあどうする?

決まっている。

自慰行為をさせる。

もちろん動画に撮る。

その動画でどこまでも僕は放出できる。

顔は念入りに撮影する。

感じている顔を。

ぐへへへ。

10万円でも安いかも。

ぐへへへ。

やつを金で買いたい。

もう僕って悪すぎー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました