東京での戦い。予想編。

僕はおじさんと戦う。

おじさんは無理矢理にでも僕を抱こうとするだろう。

誰がその手に乗るもんか。

焦らして焦らして、我慢汁だけ垂らしとけばいいつーの。

僕とおじさんはお茶をする約束。

おそらくどこかの喫茶店。

僕もブログでは悪口ばかり言っているけど、直に会うとちゃんと愛想を振りまいて世間話をする。

おじさんに、「リョウタって普通の子だな。」って思わせるためである。

「東京にあんまり来た事ないので、道に迷って大変でした。」

と、自分のドジぶりをアピールする。

だが、下半身では攻防が繰り広げられていた。

何気ない会話をしている僕が、おじさんの股間を足でつついている。

さすがに僕は靴を脱いでいる。

靴を脱いでいる方が、足の指で股間を刺激させられやすいじゃん。

「このコーヒー美味しいです。どうですか?お口に合いますか?」

と言いながら、足でぐいぐいつつく。

おじさんの股間がすぐ大きくなる。

おじさんの顔も歪む。

こんな公共の場で感じられては困ります。

「リョ、リョウタくん。二人っきりになれる場所に行こうか。」

「えっ。なんでですか?僕、まだデザート食べていません。それにエッチなことはダメですよ?確か彼氏さんいらっしゃるんですよね?浮気はダメです。」

どの口でそんなことが言える。

おじさんはそんな不敵は表情を浮かべる。

僕は何食わぬ顔。

それなのに、股間にはしっかり攻撃を加える。

僕の大事なところは触らせない。

「リョウタくん…。」

「どうしたんですか?気分悪いんですか?じゃあそろそろ帰りますか?明日も仕事早いですよね?」

おじさんはなぜか残念そうな顔をしていた。

なぜだろう?

もしかしたら、何かの液がダラダラだったのかもしれない。

あっ。

なんか大変こわい話になっちゃった。

こわいこわい。

本当にあった話じゃないからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました