オス臭い。

朝と夜は寒いけど、日中は暑い。

いや、バイトの頑張りすぎか?

バイト先で忙しさに見合わない人員体制だったので、予想以上に僕の運動量が跳ね上がった。

まあよくあることなんだけど。

夏!?

っていうくらいたくさん汗をかいた。

これはこれでバイト終わってから家の風呂に入ると、至福を味わえるからいい。

すぐに風呂に入れば…の話。

こともあろうことか、僕は。

家に帰宅し、掃除したり、ご飯を食べたりした。

風呂掃除をして、お風呂のスイッチを入れるだけだった。

ちょっとパソコンでメールチェックをしようと思って、パソコンの開いた。

僕がやっているPornhubがチラついた。

はあはあはあ。

僕はだんだんムラついてきた。

だめだ。

我慢できない。

僕はズボンを脱ぎ捨て、下着も放り投げた。

推しのエ◯動画を観て、興奮が高まる。

ああ。

推しの方が新しいエ○動画出してる。

はあはあはあ。

どうやって、イクんだろう?

ん?

くさ!!

なんのにおい?

えっ。

僕?

そうなのだ。

僕の性器のにおいだった。

えっ。

なんでこんな臭いの?

例えるなら、油のようなものが濃縮されたようなホントに濃いニオイ。

オスって感じ?

ケモノ?

あっ。

なぜだろう?

そのニオイも興奮と混ざりあって、相乗効果がうまれる。

ダメ。

まだイキたくないのに!!

ビュー。

快楽から抗えない。

自分のオスオスしさに興奮してしまうなんて。

もう。

ナルシストだ。

次からはいつも通り、お風呂に入ってからエッチをすることにする。

あんな臭いニオイ、絶対に他人にかかせるわけにはいかない!!

田中哲司様に言われたとしても、断固断る!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました