推しの人。(?)

僕の職場の後輩の岡林くん。

27歳。

独身。

身長173cm体重は…あっそんな情報いらなかった。

職場近くのコーヒー屋さんに、推しの女の子がいるらしい。

「鈴木さん。ホントにめちゃくちゃかわいいんですよ!!俺の推しです。あの子の笑顔をもらわないと俺、一日やる気でないです。」

「そうなん?じゃあ次の休憩の時に、僕のそのコーヒー屋さん行くわ。コーヒーって一杯何円?」

普段、喫茶店に行かない僕は岡林くんとそのお店に入った。

チェーン店のコーヒー屋さんじゃないみたい。

なんかレトロな雰囲気。

岡林くんはコーヒーとビールが好き。

僕はインスタントコーヒーが好き。(瓶に入ってるやつ。安いから。)

僕はメニュー表をみてた。

「あっ。結構いろいろある。パフェもあるんや。」

「パフェなんか女子じゃないですか。鈴木さんそういうところありますよね。」

「甘いもん好きやから仕方ないやん。ウインナーコーヒーにしよーと。」

「じゃあ俺は、カフェオレで。ご馳走様です。」

「ホント調子がいいなー。うわっ。コーヒーよりカフェオレの方が40円高いやん!!もー。で、誰なん?推しの子?」

「なんか今日、いないっぽいんです。俺、休憩後仕事できないっス。」

「あーそれは良かった。岡林くんから解放されるわー。もう面倒みないからー。」

「冗談ですよ!!鈴木さん!!鈴木さんの推しはいるんですか?もしかして職場にはいないですよね?」

「職場の女の子たちとは、仕事上の付き合いが多いな。滅多にご飯食べに行ったりしないわ〜。年下の子は特に。セクハラとか言われたらめんどくさいやん?岡林くん女性癖悪いから気をつけた方がいいで。快適に仕事したいやろ?」

「それめっちゃわかります。俺、前の職場で元カノとめんどくさいことになったんで。って話そらさないでください。鈴木さんの推しは?」

「僕の推しは、そこのセブンイレブンの三上さん。なんかいつも笑顔で挨拶してくれる。たぶん僕のこと好きなんちゃうかな?」

「LINE交換しましょーよ!!鈴木さんの女性関係の話全然聞かないから面白いっス!!」

「三上さんにいきなりLINE交換したらキモがられるわ。前、ちょっと話してんで。」

「何を話したんですか?」

「『いつもありがとうございます。』って言われたから、『お姉さんの顔みてたら元気になるわ』って。」

「あー。ちょっとキモいですね。」

うん。

ホントにあった話なんだけど、ホント僕ってキモい。

もっと別の言い方なかったんかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました