僕は汚れている。

朝、起きる。

冬にも(春?)関わらず、僕は汗を大量にかいている。

何か怖い夢でもみたのかな?

かわいそう。

まあいいや。

汗を拭き取って、着替えて出勤だ。

また、次の日も寝て起きたら、僕は汗をかいていた。

布団の中で潜って寝るから汗をかくのかな?

と軽く考え、また出勤していった。

次の日も次の日も。

毎日、大量に汗をかいているわけではないけど、一つ疑問が残った。

お布団のシーツ洗ったの、いつだっけ?

…。

おそらく12月。

僕は旅立つ前に家の掃除をしっかりする。

だって、旅から帰ってきて汚いのが嫌だから。

この3ヶ月分の僕の汗が、お布団とシーツと毛布に染み込みまくっている。

きちゃない。

こんな時にいい出会いがあったら、僕はどうなるんだろう?

「リョウタくん。今から家に行っていいかい?」

「ええ!!僕なんかを抱いてくださるんですか!?あああ〜。」

素敵なおじさんが僕の部屋にやってきた。

ベッドで盛り上がる二人。

「リョウタくん。行為の最中、申し訳ないんだけど、シーツ洗ってる?汗臭くない?えっ。3ヶ月洗ってない!!ちょっと無理!!不潔!!お断り!!」

こうして、僕の素敵な出会いが終わった。

ってことになるかもしれない。

こんな恥ずかしい話誰にも言えないよ〜。(ここで言ってるけど〜。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました