親孝行?違う。僕は自分のことしか考えていない。

「鈴木君はえらいね。毎年ちゃんと墓参りに行ってるんだね。」

「20代の時はほとんど行かなかったんですけど、30歳超えてから毎年行くようになりました。」

「お父さんのお仕事も手伝ってるんでしょ?」

「それも手伝い始めたのは、30歳になってからですよ。」

「おばあちゃんに贈りものとかもされてるんでしょ?」

「おばあちゃんが生きている間に喜んでもらいたくて。」

「親孝行、おばあちゃん孝行して良い息子さん、良い孫だね。」

いや、違うんだ。

僕は自分のことしか考えていない。

おばあちゃん孝行。

ホントにおばあちゃん孝行するならば、結婚して子どもをつくるべきなんだ。

ひ孫をおばあちゃんにみせると喜ばれる。

兄の子どもをみておばあちゃんはすごく喜んでいたからだ。

僕にはできない。

不可能じゃないかもしれないけど、結婚と子どもをつくるパワーが僕にはない。

僕にできることはそれ以外のこと。

だから、おばあちゃんが好きそうなお菓子を贈ること。

そんなことしかできない。

それでもやっておけば、おばあちゃんが亡くなった時、できることはやったと後悔しないはず。

お父さん、お母さんにも同じことが言える。

僕は兄弟の中で、誰よりもお父さん、お母さんの手伝いをしている。

独身だからということもあるけど、家族サービスが半端ない。

理由は財産目的…。

じゃなくて、おばあちゃんと一緒。

お父さん、お母さんが亡くなったとき、後悔したくないだけ。

あれをしとけば良かった。

こんなことをしてあげたかった。

そういう後悔を絶対にしたくない。

だから、お父さんとお母さんのお手伝いを依頼があれば、引き受ける。

正直、30歳になってからすごい手伝った。

もう後悔ないくらい。

Twitterでお母さんが亡くなるツイートをされている方が、何人かいた。

後悔はしなくとも、悲しむことは間違いない。

その時の心の傷を少しでも軽減したい。

僕はそれを第一に考えてしまっている。

ホントに悪いヤツだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました